アトピー性皮膚炎の方は、ステロイド剤を長く使っているため、皮膚が薄くなっている方が多いです。最近では皮膚科で脱ステロイドといって、ステロイドを使用しないで治療を行っているケースがあります。私の通っていた皮膚科も、ステロイドを使用しないアトピー治療で有名な皮膚科でした。現在は通っておらず私自身もアトピーだったかどうかは定かではありませんが、顔の湿疹が治まらず、一時通院していました。

脱ステロイドで有名な医師が言うには、ステロイドは一時的に症状を抑えるだけで、根治させるには無意味とのことでした。そのため、少しずつ他の軟膏を用いたり、サプリメントを飲んだりして、他院で処方されたステロイドに頼らない治療に変えました。
すると、少しずつですが湿疹が出なくなったのには驚きました。
ステロイド剤を長く使用していた方は、リバウンドと呼ばれる離脱症状が出るかもしれませんが、それを我慢すれば、ステロイドに頼らない生活をすることは不可能ではないと思います。ですが、生活面での注意は必要で、アレルギー症状を起こすと思われる花粉やほこりやダニ、食生活でもアレルギーが疑われるものは血液検査をするなどして、徹底的に除去するほうが治癒は早いです。

生え際アトピー